<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< AKY | main | ハッピー/ねお/イヤー >>
夢を見た
今論文から激しく逃避中。

そうえば来年は年男らしい。
この前年男だったときの年賀状はえらいウキウキ書いていた記憶がある。
しかも当時は小学生だったってんだから驚きだ。

気がつくと僕は当時の友人たちと屋外の演習場(なんじゃそりゃ)はたまた合宿所みたいなところにいて、リクライニングチェアに座ってのんきにテレビを見ている。そうすっとおいおい、とか呼ばれるからみんなについていくと、長くて日当りがあんまりよくない廊下を通って、着いたところが友人Mがかつて住んでいた団地の一室なのだ。ちょっと狭いけど。
正直、こりゃあ人魚みたいだな、と思った。何がどう人魚かっていうとなんか青く赤くキラキラしてる感じとか、でもちょっとグロテスクな光り方とか。だからまあ、小川未明の「赤い蝋燭と人魚」+映画「ジョゼと虎と魚たち」のラブホテル、といったイメージだろうか。夢だしあんまり責任は持てないけれども。しかしラブホテルとカラオケはどうしてあんなにブラックライトが好きなのだろう。
で友人が昔飼っていた猫やら、昔飼っていた犬やらいるし、僕らは僕らで奇妙に細長い人魚の部屋に寝転がって特に何をするでもなく。ただ当時から感じていたあの日当りがあんまりよくない感じとか、ていうか電気をあんまりつけてなかったんだな。学校帰りの2時〜5時くらいだと微妙な線で、そん中でゲームしたりとか、そういえば転んで窓枠に頭ぶつけて怪我したりした。っていう雰囲気はそのままだった。


別にオチはない。

落ち着いたらタンブラーに移行しようかな。アカウントはとってみたものの使い方をちゃんと勉強してる場合でもないもので。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK